はじめに

 江戸時代より代々越後刃物の伝統を受継ぐ鍛冶職人、『左藤蔵(HIDARI−TOHZO)』クオリティの高いモデルに『藤蔵』(鏡文字で)の銘を刻んで市場に提供しております。越後伝統の鍛造技術の粋を結集した仕上がりは、まさに芸術ともいえる逸品です。左藤蔵は、常に刃物を探究しており、料理包丁だけではなく、鍛造が難しいそば切包丁や山鉈、ナイフ、今では作る人も少なくなった刈込鋏まで鍛造技術や知識の幅が広く評価の厳しい刃物を作り続けています。その切れ味は素晴らしく、古くからの伝承に裏打ちされた丁寧な仕上げは見る者をうならせます。

22